本文へスキップ

RSS RSS
最終更新日:2021年7月18日

全国大会

第33回全国大会


2021年11月27日(土)に第33回全国大会を開催します。

今回の実行委員会は理事会が担当し、収束の気配がない新型コロナ感染状況を鑑み、少人数の会場参加とオンラインのハイブリッドで開催いたします。
理事会ならではの企画を作りました。会員はもちろん関係する皆様 もぜひともご参加いただけますようによろしくお願いいたします。

※詳細は決定次第、更新して掲載します。


実行委員長
西 賢一郎(ジヤトコ 統括産業医,20回生,産推研会長,医学部同窓会副会長)
日時
2021年11月27日(土)10:00~18:00
会場
会場とオンラインのハイブリッド開催

会場:クロス・ウェーブ府中
住所:〒183-0044 東京都府中市日鋼町1-40
地図:クロス・ウェーブ府中HP

Zoom
テーマ
「新しい社会と産業保健の融合~Society5.0 を見据えて~」

ICTの発展により私たちの生活はもちろん、働き方も大きく変化しています。それが新型コロナウイルスの影響でさらに加速しました。仮想空間と現実空間の融合が進み、経済活動と社会的課題の解決(Society5.0)という新時代を働く人々に、私たち産業保健の専門職はどう向き合っていくのかを考えてみたいと思います。
参考:Society5.0(内閣府HP内)
スケジュール
10:00~ 開会式(開会挨拶、来賓紹介・挨拶)

10:30~12:00 第1部 会員活動報告 若手(経験5年程度の方)
会員より自身の活動報告を行います。若手会員や参加する学生さんに向けてキャリアの参考になる話となり、自分の将来像について考えるきっかけとなってほしいと考えます。

12:10~12:50 産業医学推進研究会 総会 

13:00~14:40 第2部
鼎談「日本の働く人々がいきいきできる環境を作るために、産推研への期待(仮)」
国籍、性別関係なく、やりがいのある仕事ができる環境をどうやって作る?ということを労使の代表(経団連、連合代表)と産業医科大学(堀江副学長)・産推研で考えてみたいと思います。

15:00~17:30 第3部(途中小休憩あり)
シンポジウム「新しい社会と産業保健の融合~Society5.0を見据えて~(仮)」
専門家による基調講演(井上まり子先生,帝京大学)による新しい社会に向けた取り組みなどを紹介頂き、理事会メンバー(産業保健の各職種)を パネリストに、産業保健の融合について議論したいと思います。最後は参加者も交え全体討論を行います。

17:30~17:50 
講評(大久保利晃先生ほか)
閉会式(閉会挨拶・次期実行委員長挨拶)

バナー



産業医大のサイトに移動します

Google




サイト内を検索
ウェブ全体を検索