本文へスキップ

RSS RSS
最終更新日:2021年11月30日

全国大会

第33回全国大会

実行委員長挨拶

この度、第33回全国大会を東京都府中市内会場及び会場からオンライン配信のハイブリッド形式で2021年11月27日(土)に開催することとなりました。現在、同研究会理事会が企画運営委員会を組織し、準備を進めております。
新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、会員参加はオンラインのみといたしました。配信会場への入場は関係者のみに限らせていただきます。)

今回はメインテーマを『新しい社会と産業保健の融合~Society5.0を見据えて~』と題しました。ICT(Information and Communication Technology)の発展が目覚ましい昨今において、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でテレワークなど新しい働き方が急速に加速しました。一方でIoT(Internet of Things)の進歩によりサイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を連携させ、すべての物や情報、人が一つにつながり、AI等の活用も含め、量と質の全体最適をはかる社会Society5.0への変革が構想されています。これにより仕事の質が変化するなど、私たち働く人々を取り巻く状況は大きな変革を迎えるでしょう。働く人の健康を支える我々会員諸氏においては、この変化とどのように向き合うのか、この環境の変化に対して産業医学をどのように融合させていけるのかということを考えてみたいと思います。

第33回全国大会は、府中市にあるクロス・ウエーブ府中を会場とし、会場から同時にオンライン会議システム(Zoom)を用いて全国各地から移動することなく参加できる体制での開催とし、以下の3部構成で企画しました。

第1部として、産業保健専門職として活動している若手会員から自分の活動報告をいただきます。就職してそれぞれの職種で様々な経験を通じて成長してきたことを短時間ではございますが、参加の皆様と共有できればと思います。この経験をさらに若手会員、そして学生の皆様には自身のキヤリア形成の一助となることを期待します。

第2部は、特別企画としてこれからの新しい時代の働く人々が、健康でよりいきいきと働くことができる環境づくり、そして多様な背景を持つ働く人々をどのように支援するか、そして産業医科大学・産業医学推進研究会はどのようにかかわることが期待されているのかということについて、小菅元生様(日本労働組合総連合会)、明石祐二様(日本経済団体連合会)と産業医科大学副学長の堀江正知先生の3者による鼎談を企画しました。労使双方から私たちにどのような期待を寄せているのかを肌で感じることができると考えます。この企画は幅広い年代層の会員皆さまにとって非常に興味深い内容になると思います。

第3部はメインテ-マでもある『新しい社会と産業保健の融合~Society5.0を見据えて~』について、基調講演とパネルディスカッションです。基調講演は、健康の社会的決定要因についてご研究されている、帝京大学の井上まり子先生による、Society5.0と社会環境の変化で働く私たちの健康についてご講演頂き、その後、理事会メンバーをパネリストに新しい社会と産業保健の融合について意見交換を行います。そして最後には参加者との双方向の意見交換を予定しています。オンライン開催ならではのIoTにより、あたかも会場に来て話をしているかのように私たち会員のつながりができることを狙っています。

なお、講演等のプログラムは録画し、開催後オンデマンド配信いたします。当日参加できなかった会員も後日視聴できる機会も作る新たな試みも予定しています。

産業医学推進研究会は産業医科大学すべての卒業生(医学部、産業保健学部、医療技術短期大学・同専攻科)が参加し、共に研鑽・成長していくことを目指す会です。全国大会は、学びや意見交換といった会員相互の交流を肌で感じ、個々人が更なる発展に向け次の一歩を踏み出すことができる貴重な場となっています。会員の皆様、ご参加の皆様にとって、この一日が大変有意義であることを願っております。

2021年8月
実行委員長 西 賢一郎

☆チラシはこちらです。


実行委員長
西 賢一郎(ジヤトコ 統括産業医,20回生,産推研会長,医学部同窓会副会長)
事務局長
佐藤 裕司(富士通 産業医,産推研 副会長,12回生)
中谷 淳子(産業医科大学産業保健学部 教授,産推研 副会長,専攻科13期生 )
日時
2021年11月27日(土)10:00~18:00
(オンデマンド配信 12月10日(金)~12月24日(金)を予定)
会場
会場とオンライン(Zoom)のハイブリッド開催
会場:クロス・ウェーブ府中 大研修室B(204研修室)
住所:〒183-0044 東京都府中市日鋼町1-40
地図:クロス・ウェーブ府中HP
新型コロナウイルス感染症の影響を考慮し、会員参加はオンラインのみといたしました。配信会場への入場は関係者のみに限らせていただきます)
テーマ    
「新しい社会と産業保健の融合~Society5.0 を見据えて~」
(参考:Society5.0(内閣府HP内)
スケジュール
(敬称略)
10:00~
◇開会式
開会挨拶(西 賢一郎),来賓紹介・挨拶 スケジュ-ル確認 

10:30~12:00
◇第1部 会員活動報告-わたしたちがんばってます!-
司会 産推研 教育研修理事(増田 将史,楠本 真理,樋上 光雄)
【医学部】
司会 増田 将史(イオン 統括産業医,18回生)
演者 國枝 佳祐(パナソニック 産業医,29回生)
   白坂 泰樹(古河電工 産業医,30回生)
【産業保健学部 看護学科】
司会 楠本 真理(三井化学 保健師,看護学科2期生)
演者 竹村 友 (東海旅客鉄道 保健師,看護学科18期生)
   三好 美希(ダイハツ工業 保健師,看護学科18期生)
【産業保健学部 環境マネジメント学科】
司会 樋上 光雄(産業医科大学,衛生学科3期生)
演者 山根 裕一(小松製作所 衛生管理者,環境マネジメント学科6期生)
   鶴原 一樹(オムロン 衛生管理者,環境マネジメント学科8期生)

12:00~ 休憩(12:10~12:50 産業医学推進研究会 33期総会)

13:00~14:40
◇第2部 鼎談(ていだん)「労・使・学」
「日本の働く人々がいきいきできる環境を作るために、産推研への期待」
司会 西 賢一郎
登壇者 小菅 元生(日本労働組合総連合会 労働法制局)
    明石 祐二(日本経済団体連合会 労働法制本部)
    堀江 正知(産業医科大学 副学長,3回生)

 休憩(20分)

15:00~17:30
◇第3部 シンポジウム
「新しい社会と産業保健の融合~Society5.0を見据えて~」
司会 佐藤 裕司,中谷 淳子
【基調講演】井上まり子(帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 准教授)
【パネルディスカッション】
 理事会メンバーによる新しい社会と産業保健の融合を議論します。
 パネリスト
 医師(産業医): 藤野 善久(学術,15回生)
山本 誠(広報,21回生)
守田 祐作(会計,24回生)
 保健師:  橋元 仁美(IT,看護学科8期生)
山下 奈々(広報,看護学科11期生)
 衛生管理者・
 作業環境測定士:
樋上 光雄(学術,衛生学科3期生)
荒木 譲司(広報,環境マネジメント学科7期生)
【全体討論】

17:30~
◇閉会式 
講評(産推研 顧問 東敏昭,大久保利晃)
次期実行委員長挨拶(関東地方会),閉会挨拶(西 賢一郎)

18:15~19:30
◇オンライン懇親会
産推研が誇る会員間交流に一番有意義な企画です。今回もオンラインですが、年齢や卒業学科など問わずざっくばらんに様々な意見交換をしましょう!
参加費
(参加費をお振込の方は、オンデマンド配信視聴可能)
【早期申込】(11月21日(日)までに振込の方)
医学部卒会員、特別会員・大学院卒会員(医師) 4,000円
短大・専攻科・産業保健学部卒会員、特別会員・大学院卒会員(医師以外)、その他 2,000円
【通常申込】(11月22日(月)以降オンデマンド配信終了時までに振込)
医学部卒会員、特別会員・大学院卒会員(医師) 5,000円
短大・専攻科・産業保健学部卒会員、特別会員・大学院卒会員(医師以外)、その他 3,000円
参加費 入金先
【銀行振込】ゆうちょ銀行(インターネットバンキング可) 
 店名058(ゼロゴハチ)店番058 普通 9669038 産業医学推進研究会
参加登録
申し込みフォームから参加登録をお願いします。
※第33回全国大会に関する「連絡先住所」、「問い合わせ先e-mail」はこの申し込みフォーム内、あるいは産推研メーリングリスト[SSK:005963]、[SSK:006056] [SSK:006087] [SSK:006100]に記載されています。

バナー



産業医大のサイトに移動します

Google




サイト内を検索
ウェブ全体を検索