本文へスキップ

RSS RSS
最終更新日:2018年9月7日

全国大会

第30回全国大会


2018年11月17日(土)、第30回全国大会を「TKPガーデンシティPREMIUM京橋」において開催します。

今回は、記念すべき第30回目の全国大会となります。
今大会では、30周年の節目にあたって、産業保健職としての「成長」をあらためて考える場にしたいと考えています。
その思いを込めて、今年のテーマを『守・破・離 ~新たなステージへの挑戦~』としました。
武道や芸道において成長段階を示す「守・破・離」という言葉があり、それぞれ次のようなステージを意味します。
  守:師の教えを守る
  破:師の教えの型を崩す
  離:師の教えから離れ自分自身の型を作り上げる
今回は、様々な立場の講師陣にご自身の経験に基づいて「産業保健職の成長」についてお話を頂き、その後、参加者の皆様とも意見交換を行います。
参加者の皆様にとって、今大会が新しいステージへの挑戦のきっかけになれば幸いです。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

実行委員長
梶原 隆芳(梶原産業医事務所,15回生)
事務局長
山瀧 一(君津健康センター,15回生)
日時
2018年11月17日(土) 13:45~17:30 (12:30 受付開始)
会場
TKPガーデンシティPREMIUM京橋
住所:〒104-0031 東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン 22F
地図: TKPガーデンシティPREMIUM京橋 HP
主なプログラム
◇基調講演「産業保健職が前進するためのカギ ~過去の経験から~」
  座長:救急救命東京研修センター 教授 横山 徹先生
  講師:三井化学 本社健康管理室長・統括産業医 土肥 誠太郎先生

◇シンポジウム「守・破・離 ~新たなステージへの挑戦~」
  座長:信州大学医学部 産業衛生学講座 教授 塚原 照臣 先生
  シンポジスト:
   ~研究者の立場から
    産業医科大学 産業生態科学研究所環境疫学教室 教授 藤野 善久先生
   ~嘱託産業医の立場から
    京都工場保健会 産業保健推進部 医療次長 櫻木 園子先生
   ~衛生管理者の立場から
    武田薬品工業 光工場EHS室 衛生管理者 山口 健一先生
   ~保健師の立場から
    キヤノン 下丸子本社安全衛生部 健康支援室 保健師 矢内 美雪先生

※18:00より、同施設内の会場にて懇親会をご用意しております。
参加費・懇親会費
早期申込み(10月末まで)の場合
 医学部卒:     参加費 5,000円, 懇親会費8,000円
 短大・専・産保卒: 参加費 5,000円, 懇親会費5,000円
11月以降の申込み
 医学部卒:     参加費 6,000円, 懇親会費9,000円
 短大・専・産保卒: 参加費 6,000円, 懇親会費6,000円
※学生には別途割引を予定
託児所
同施設内同フロアに設置予定(有償、希望者に後日ご連絡します)
参加申し込み
申し込みHPにご入力頂き、所定の参加費・懇親会費を以下の口座にお振込みください。
振込み先:
 第30回産業医学推進研究会 全国大会実行委員会 会計 千手弥生
 三井住友銀行 鶴見支店(店番:572、電話番号:045-581-7631)
 普通口座 7311253

バナー

Google




サイト内を検索
ウェブ全体を検索