本文へスキップ

RSS RSS
最終更新日:2017年12月10日

全国大会

第29回全国大会


実行委員長
吉積 宏治(吉積労働衛生コンサルタント事務所,10回生)
日時
2017年10月21日(土)9:00~18:00
会場
産業医科大学ラマツィーニホール (小ホール、ロビー、会議室)
共催
第35回産業医科大学学会
プログラム
【シンポジウム1】(産業医学推進研究会全国大会主催)
テ-マ:動機づけ面接ワークショップ
    「来談者に寄りそい、やる気を引き出す」
座長:吉積 宏治  (吉積衛生コンサルタント事務所)
演者:後藤 英之  (佐賀県産業医学協会)
動機づけ面接は、来談者中心的対応と目標指向的対応の両面の特徴を併せ持った面接スタイルです。依存症領域から広まって、保健指導、生活習慣病予防、治療アドヒアランス改善、さらに、司法領域までその応用範囲を広げています。動機づけ面接は治療パッケージではなく、支援者の会話スタイルとしてのSpirit と Skill であり、学習方法がエビデンスに基づいて構造化されていることも大きな特徴の一つです。「変わりたいけれど変われない」そんな労働者の支援に携わっている皆さんの日々の活動に役立つ動機づけ面接の世界を体験してください。

【シンポジウム2】(産業医科大学学会主催)
テーマ:『産業医科大学の未来について』
座長:岡﨑 龍史 放射線健康医学 教授
演者:
1.医学部 呼吸器内科学 矢寺 和博 教授
2.産業保健学部 産業・地域看護学 中谷 淳子 教授
3.医学部 麻酔科学 川﨑 貴士 教授
4.医学部 微生物学 齋藤 光正 教授

【特別講演】(産業医科大学学会主催)
テーマ:古河電工「世界を明るく」未来に向けて-産業保健への期待-
演者:柴田 光義 古河電気工業 取締役会長
座長:東 敏昭 産業医科大学 学長
報告
2017年10月21日に、第29回産業医学推進研究会全国大会が、産業医科大学ラマツィーニホールにおいて開催されました。
台風接近の心配もありましたが、ほとんど風雨に寄る影響もなく、無事に終えることができました。
遠方よりお越しいただいた皆様には帰路のご心配もあったかと思いますが、たくさんご来場いただき、本当にありがとうございました。

今回は第35回産業医科大学学会との共同開催で、午前中の学会長賞授与式および受賞者講演に始まり、ポスター発表では熱心な質疑応答がされておりました。
総会では、宮本会長による荘司先生、産業医学推進研究会初代会長の柱先生への黙祷から始まり、活動報告、会計その他、今後の産業医学推進研究会の同行についてご報告があり、承認されました。
午後からの産推研主催のシンポジウムは、9回生で佐賀県産業医学協会の後藤 英之先生による「来談者に寄りそい、やる気を引き出す」ことにフォーカスをおいた動機づけ面接のワークショップが行われました。内容もさることながら、産業医学推進研究会会員だけでなく、医学部の学生、教職員が誕生日順に座席移動して世代立場を超えて話をする、という大変楽しく、かつ貴重な機会でした。
また、シンポジウムの2つ目は、「産業医科大学の未来について」として、岡﨑 龍史先生(放射線健康医学、教授)、矢寺和博先生(呼吸器内科学、教授)、中谷淳子先生(産業保健学部 産業・地域看護学、教授)、川﨑貴士先生(医学部 麻酔科学、教授)、齋藤光正先生(医学部 微生物学、教授)にご登壇いただき、お話をしていただきました。しっかりとしたビジョンがみられたこと、最近の学生の指導のきめの細かさにはおおいに感銘を受けました。
特別講演(産業医科大学学会主催)では、古河電気工業の取締役会長の柴田光義氏の講演を、ご招聘の労をとられた東学長の座長でお聞きしました。古くからの安全に対する真摯な取り組みの姿勢が伺われるとても意義深いお話でした。普段聞けない会社のトップの考えを直接聞けたことや、とくに最近の企業不祥事に対する考え方などは私達の業務にとっても大いに参考になるところでした。
懇親会は18:30より学生食堂で行われ、専門医試験合格者の紹介・表彰が産業医学推進研究会理事の荒武先生より行われました。学生からは普段聞けない産業医への質問が飛び交い、シメはもちろん大和先生による「ダー!」で大いに盛り上がりました。しかも、2次会は学長研究室を開放して更に深い交流で、学術的にも、旧交を温めるコミュニケーションとしても、大変有意義な一日でした。

本会の開催にあたり、東学長、森山理事長をはじめ多くの産業医科大学のスタッフの皆様のご支援・ご助力を賜りました。
また、大久保元学長が会長をされている労働衛生会館様、産業医学振興財団様からもご後援いただきました。
厚く御礼申し上げます。

学会当日は浅海先生(JR九州)、大嶋さん(九州電力)、大渡さん(西部ガス)、西村さん(TOTO)その他多くの方にお手伝いいただきました。
終日のご助力、ありがとうございました。

事務局としてたくさんのお仕事を担当してくださいました 井元 智映子さん(西鉄人事サービス)、大会運営のご助言、ご指導をいただきました、前九州地方会会長の堀野研二先生(西部ガス)には、感謝の言葉もありません。本当にお世話になりました。お二人の存在なくして今回の大会はありませんでした。
心より御礼申し上げます。

バナー

Google




サイト内を検索
ウェブ全体を検索