本文へスキップ

RSS RSS
最終更新日:2017年6月28日

九州地方会

2010年12月11日 第26回研究会

日時
2010年12月11日(土) 14:00〜17:00
会場
福岡県中小企業振興センター
プログラム
◇講演1:発達障がいの理解
 講師:緒方 よしみ先生(福岡市発達障がい者支援センター所長

◇講演2:発達障がい者への就労支援の取り組みと実際
 講師:黒田 小夜子先生(福岡市障がい者就労支援センター所長)
参加者数
46名(産推研会員15名)
主催
共催

協力
日本産業衛生学会九州地方会産業医部会
産業医学推進研究会九州地方会
福岡産業保健推進センター
日本産業衛生学会九州地方会産業看護部会
報告
井元 智映子(西鉄人事サービス,産業保健学部6期生)

 1211日に開催されました、第26回研究会のご報告をいたします。

 初めに、緒方 よしみ先生より「発達障がいの理解」と題して、情報処理課程や認知機能の違いとしての感覚特性や記憶特性、心の理論の獲得の遅れについて、また定型発達と発達障がいのコミュニケーションの違いや関わり方の工夫についてご説明頂きました。

 続いて、黒田 小夜子先生より「発達障がい者の就労支援について」と題して、障がい者雇用の状況やジョブコーチ支援の流れ、また雇用された場合のセンターのサポートなどに関してご説明頂きました。

 総合討論では参加者からの質問が途切れず、研究会終了後も両先生への個別質問が続いていました。ご講演頂いた緒方先生、黒田先生にお礼申し上げます。

バナー

Google




サイト内を検索
ウェブ全体を検索