文へスキップ

RSS RSS
最終更新日:2017年8月21日

関東地方会

2013年6月29日 第59回研究会

日時
2013年6月29日(土) 13:30〜16:30
会場
TKP東京駅ビジネスセンター1号館
内容
講演:働く人の健康・安全に果たすべき国の役割の追求
講師:椎葉 茂樹先生
   (厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課長,5回生)
参加者数
29名(うち医学部卒24名,専攻科卒2名,産業保健学部卒1名)
報告
長濱 さつ絵(全日本労働福祉協会,19回生)

 2013年6月29日(土)、第59回研究会を開催しましたのでご報告します。参加者は河野 公俊学長、谷口 初美教授、講師の椎葉 茂樹先生を含む卒業生27名の、計29名でした。

 今回は、厚生労働省労働基準局安全衛生部労働衛生課長の椎葉 茂樹先生(5回生)をお招きし、「働く人の健康・安全に果たすべき国の役割の追求」をテーマにご講演いただきました。
 白熱のなか2時間を超えたご講演は、椎葉先生のご経歴や医系技官を志望された経緯から始まり、厚生労働省労働衛生課の職務内容、先生自身のご経験から得られた仕事に関するノウハウを実践的にご教示いただきました。産業医大卒業生の各所での活躍のご紹介や人脈の重要性、物事の本質を短時間で人に説明する能力の大切さや、仕事には頭・足・肝臓が必要であること(特に足!)など、多くのポイントをご教授いただき、話題が尽きることはありませんでした。
 なお、椎葉先生は、7月2日付で厚生労働省健康局がん対策・健康増進課長に就任されました。新しい部署での先生のますますのご活躍をお祈り申し上げます。

 その後、懇親会を近隣の会場にて行いました。河野学長、谷口教授を始め、総勢24名が参加し、今回の地方会の内容やお互いの近況などを熱く話しあい、盛会のうちに終わりました。三次会まで熱い議論は尽きる事がありませんでした。
 以上をもちまして、簡単ですが開催報告といたします。

バナー

Google




サイト内を検索
ウェブ全体を検索